排水管更生の必要性と方法

マンションやオフィスビルで使用している排水管は、年数に伴う自然劣化により、メンテナンスが必要です。錆や汚れなどの付着により流れが悪くなったり、排水管自体の損傷が起こりうる為です。排水管更生の方法には、様々な種類があります。企業やメーカー独自の、高い技術や工法を売りにしていることも珍しくありません。一般的な排水管更生方法には2種類あり、更生工法と呼ばれる、管内のライニングをやり直す方法と、更新工法と呼ばれる、管そのものを交換する方法です。更生工法は、管の中を研磨および洗浄し、新しく樹脂をライニングします。従来の管をそのまま使用する為、工期は1日で終わり、コストも安く抑えられることが大きなメリットです。しかし、耐久性は10年ほどである為、よく検討する必要があります。更新工法は、管を取り替える為、耐久年数は25年程度と長いことが最大のメリットです。しかし、工期には数日かかり、また騒音や振動なども発生します。

排水管更生のメリット

以前は給水管や排水管の老朽化対策として、菅そのものを交換することが一般的でしたが工事期間が長く、埋設されている菅を取り外す際の騒音がデメリットとなり、現在では既存の配管を更生するライニングと呼ばれる方法が増えてきています。排水管更生というのは古いものを再び不自由なく利用できるようにするという方法です。既存の配管内を特殊なドリルを投入して研磨して綺麗にした状態で特殊な樹脂を流し込んで配管内の内側に新しい塗膜を作り出します。この方法のメリットは使用する塗膜が耐熱性や対薬品性に優れたものが使われるので腐食に強い配管に変えることができ、工事の期間も以前一般的だった工事よりも数段短いということです。排水管は様々な排水を流す性質上、腐食しやすい傾向にあるのでこうした方法を利用することによってより長く使用できるようになります。

排水管の寿命を延ばす排水管更生

排水管更生というのは、排水管を交換するわけではなく、老朽化した排水管の寿命を延ばすことをいいます。菅を取り替えないので、予算がない人や建物の外観を崩したくないという人にとっては最適の方法です。特に集合住宅を管理している人は老朽化による問題が起こる前に業者に工事を依頼することによって、住民とのトラブルを避けることができます。基本的に工事は専門の業者が行っているので、自分の住んでいる地域の業者に依頼します。さらに料金もそれぞれの業者によってかなり差が出てくるので、まずは複数の業者に見積もりを依頼して、きちんと比較することが大切です。その際に真摯に対応してくれる業者であれば工事もしっかり行ってくれるので任せても安心です。一度こうした工事を行うと排水管というのは十年以上問題なく使えるため、コスト面でもメリットがあります。

見えない部分の施工ですがとても重要な部分です。万全の施工と結果報告に力を入れています。 累計700件、45000世帯の実績を持ち、今も実績を増やし続けております。 価格も工期も「トルネード工法」でならメリットしかありません! 排水管更生の為に、超高性能車輌を複数揃えております。 24時間365日お問合せに対応しております。 東京トルネードのスタッフは熟練した技術と知識を習得しているプロです。 排水管更生でお悩みならトルネードに